電力関連記事

シーメンスエナジー(ドイツ)が訴訟をおこしたゼネラルエレクトリック(アメリカ)を非難

記事:Bloomberg, 2021/3/4, “Siemens Accuses GE of Exaggerating Trade-Secret Theft Claims”

記事によると、ドイツのシーメンスエナジーは、機密情報を盗用したとして同社を訴えたゼネラルエレクトリック(GE)に対し、法廷で争う姿勢を見せている。
GEは1月、シーメンスエナジーがGEのガスタービンに関する機密情報を盗用して少なくとも9件のガスタービン契約を不当に落札したとして同社を提訴。その規模は数十億ドルに上ると主張している。また、シーメンスエナジーの社員が入札手続きで得た情報を同僚に共有し、うち数人が2019年の米バージニア州のプロジェクトの入札内容を変更したとしている。

これに対しシーメンスエナジーは、バージニア州のプロジェクトは昨年中止されたことから、GEは損害を受けておらず、ガスタービン市場の競争相手を不利に追い込む戦術だと述べている。

シーメンスエネジーは、機密情報について明らかになった後は、解雇などの懲戒処分を行い、情報を削除した上で、発注元とGEに自主的に報告したと述べている

機密情報は一つのプロジェクトに限られたものであるにもかかわらず、GEは公開された情報も含めて盗用疑惑を拡大していると主張している。

GEはシーメンスエナジーの特定の社員をベルギーとイタリア、米サウスカロライナ州の入札に参加させないよう訴訟を起こしており、シーメンスエナジーは3月24日までに正式な回答を提出する予定である。

考察

記事にもあるように、ガスタービン市場は再生可能エネルギー市場拡大に伴い、厳しくなってきています。GEはこの市場トップであり、OM等においても稼ぎ頭になっています。

風力発電は2030年には10兆円規模の市場となるとなっていますが、この市場においても、シーメンスとGEはしのぎを削っています

よって、双方でこうした争いは今後も生じる可能性も高いですが、風力発電に関しては、中国勢が力を付けてきており、欧米勢が互いを争うことは、第三勢力に好機を与えることにはならないかと心配しています。

ABOUT ME
Paddyfield
土木技術者として、20年以上国内外において、再エネ 事業に携わる。プロジェクトファイナンス 全般に関与、事業可能性調査 などで プロジェクトマネージャー として従事。 疑問や質問があれば、問い合わせフォームで連絡ください。共通の答えが必要な場合は、ブログ記事で取り上げたいと思います。 ブログを構築中につき、適宜、文章の見直し、リンクの更新等を行い、最終的には、皆さんの業務に役立つデータベースを構築していきます。 技術士(建設:土質基礎・河川、総合監理)、土木一級施工管理技士、PMP、簿記、英検1級など